Luke

Japanese(i) 1 我らの中に成りし事の物語につき、始よりの目撃者にして、 2 御言の役者となりたる人々の、我らに傳へし其のままを書き列ねんと、手を著けし者あまたある故に、 3 我も凡ての事を最初より詳細に推し尋ねたれば、 4 テオピロ閣下よ、汝の教へられたる事の慥なるを悟らせん爲に、これが序を正して書き贈るは善き事と思はるるなり。 5 ユダヤの王ヘロデの時、アビヤの組の祭司に、ザカリヤという人あり。その妻はアロンの裔にて、名をエリサベツといふ。 6 二人ながら神の前に正しくして、主の誡命と定規とを、みな缺なく行へり。 7 エリサベツ石女なれば、彼らに子なし、また二人とも年邁みぬ。 8 さてザカリヤその組の順番に當りて、神の前に祭司の務を行ふとき、 9 祭司の慣例にしたがひて、籤をひき主の聖所に入りて、香を燒くこととなりぬ。 10 香を燒くとき、民の群みな外にありて祈りゐたり。 11 時に主の使あらはれて、香壇の右に立ちたれば、 12 ザカリヤ之を見て、心さわぎ懼を生ず。 13 御使いふ『ザカリヤよ、懼るな、汝の願は聽かれたり。汝の妻エリサベツ男子を生まん、汝その名をヨハネと名づくべし。 14 なんぢに喜悦と歡樂とあらん、又おほくの人もその生るるを喜ぶべし。 15 この子、主の前に大ならん、また葡萄酒と濃き酒とを飮まず、母の胎を出づるや聖靈にて滿されん。 16 また多くのイスラエルの子らを、主なる彼らの神に歸らしめ、 17 且エリヤの靈と能力とをもて、主の前に往かん。これ父の心を子に、戻れる者を義人の聰明に歸らせて、整へたる民を主のために備へんとてなり』 18 ザカリヤ御使にいふ『何に據りてか此の事あるを知らん。我は老人にて、妻もまた年邁みたり』 19 御使こたへて言ふ『われは神の御前に立つガブリエルなり、汝に語りてこの嘉き音信を告げん爲に遣さる。 20 視よ、時いたらば必ず成就すべき我が言を信ぜぬに因り、なんぢ物言へずなりて、此らの事の成る日までは語ること能はじ』 21 民はザカリヤを俟ちゐて、其の聖所の内に久しく留るを怪しむ。 22 遂に出で來りたれど語ること能はねば、彼らその聖所の内にて異邦を見たることを悟る。ザカリヤは、ただ首にて示すのみ、なほ唖なりき。 23 かくて務の日滿ちたれば、家に歸りぬ。 24 此の後その妻エリサベツ孕りて、五月ほど隱れをりて言ふ、 25 『主わが恥を人の中に雪がせんとて、我を顧み給ふときは、斯く爲し給ふなり』 26 その六月めに、御使ガブリエル、ナザレといふガリラヤの町にをる處女のもとに、神より遣さる。 27 この處女はダビデの家のヨセフといふ人と許嫁せし者にて、其の名をマリヤと云ふ。 28 御使、處女の許にきたりて言ふ『めでたし、惠まるる者よ、主なんぢと偕に在せり』 29 マリヤこの言によりて心いたく騷ぎ、斯かる挨拶は如何なる事ぞと思ひ廻らしたるに、 30 御使いふ『マリヤよ、懼るな、汝は神の御前に惠を得たり。 31 視よ、なんぢ孕りて男子を生まん、其の名をイエスと名づくべし。 32 彼は大ならん、至高者の子と稱へられん。また主たる神、これに其の父ダビデの座位をあたへ給へば、 33 ヤコブの家を永遠に治めん。その國は終ることなかるべし』 34 マリヤ御使に言ふ『われ未だ人を知らぬに、如何にして此の事のあるべき』 35 御使こたへて言ふ『聖靈なんぢに臨み、至高者の能力なんぢを被はん。此の故に汝が生むところの聖なる者は、神の子と稱へらるべし。 36 視よ、なんぢの親族エリサベツも、年老いたれど、男子を孕めり。石女といはれたる者なるに、今は孕りてはや六月になりぬ。 37 それ神の言には能はぬ所なし』 38 マリヤ言ふ『視よ、われは主の婢女なり。汝の言のごとく、我に成れかし』つひに御使はなれ去りぬ。 39 その頃マリヤ立ちて山里に急ぎ往き、ユダの町にいたり、 40 ザカリヤの家に入りてエリサベツに挨拶せしに、 41 エリサベツその挨拶を聞くや、兒は胎内にて躍れり。エリサベツ聖靈にて滿され、 42 聲高らかに呼はりて言ふ『をんなの中にて汝は祝福せられ、その胎の實もまた祝福せられたり。 43 わが主の母われに來る、われ何によりてか之を得し。 44 視よ、なんぢの挨拶の聲、わが耳に入るや、我が兒、胎内にて喜びをどれり。 45 信ぜし者は幸福なるかな、主の語り給ふことは必ず成就すべければなり』 46 マリヤ言ふ、『わがこころ主をあがめ、 47 わが靈はわが救主なる神を喜びまつる。 48 その婢女の卑しきをも顧み給へばなり。視よ、今よりのち萬世の人われを幸福とせん。 49 全能者われに大なる事を爲したまへばなり。その御名は聖なり、 50 そのあはれみは代々かしこみ恐るる者に臨むなり。 51 神は御腕にて權力をあらはし、心の念に高ぶる者を散し、 52 權勢ある者を座位より下し、いやしき者を高うし、 53 飢ゑたる者を善き物に飽かせ、富める者を空しく去らせ給ふ。 54 また我らの先祖に告げ給ひし如く、 55 アブラハムとその裔とに對するあはれみを永遠に忘れじとて、僕イスラエルを助けたまへり』 56 かくてマリヤは、三月ばかりエルザベツと偕に居りて、己が家に歸れり。 57 さてエリサベツ産む期みちて男子を生みたれば、 58 その最寄のもの親族の者ども、主の大なる憐憫をエリサベツに垂れ給ひしことを聞きて、彼とともに喜ぶ。 59 八日めになりて、其の子に割禮を行はんとて人々きたり、父の名に因みてザカリヤと名づけんとせしに、 60 母こたへて言ふ『否、ヨハネと名づくべし』 61 かれら言ふ『なんぢの親族の中には此の名をつけたる者なし』 62 而して父に首にて示し、いかに名づけんと思ふか、問ひたるに、 63 ザカリヤ書板を求めて『その名はヨハネなり』と書きしかば、みな怪しむ。 64 ザカリヤの口たちどころに開け、舌ゆるみ、物いひて神を讃めたり。 65 最寄に住む者みな懼をいだき、又すべて此等のことくユダヤの山里に言ひ囃されたれば、 66 聞く者みな之を心にとめて言ふ『この子は如何なる者にか成らん』主の手かれと偕に在りしなり。 67 かくて父ザカリヤ聖靈にて滿され預言して言ふ、 68 『讃むべきかな、主イスラエルの神、その民をかへりみて贖罪をなし、 69 我らのために救の角を、その僕ダビデの家に立て給へり。 70 これぞ古へより聖預言者の口をもて言ひ給ひし如く、 71 我らを仇より、凡て我らを憎む者の手より、取り出したまふ救なる。 72 我らの先祖に憐憫を垂れ、その聖なる契約を思し、 73 我らの先祖アブラハムに立て給ひし御誓を忘れずして、 74 我らを仇の手より救ひ、生涯、主の御前に、 75 聖と義とをもて懼なく事へしめたまふなり。 76 幼兒よ、なんぢは至高者の預言者と稱へられん。これ主の御前に先だちゆきて、其の道を備へ、 77 主の民に罪の赦による救を知らしむればなり。 78 これ我らの神の深き憐憫によるなり。この憐憫によりて朝のひかり、上より臨み、 79 暗黒と死の蔭とに坐する者をてらし、我らの足を平和の路にみちびかん』 80 かくて幼兒は漸に成長し、その靈強くなり、イスラエルに現るる日まで荒野にゐたり。