Bible verses about "denial" | Japanese

Matthew 5:1-48

1 イエス群衆を見て、山にのぼり、座し給へば、弟子たち御許にきたる。2 イエス口をひらき、教へて言ひたまふ、3 『幸福なるかな、心の貧しき者。天國はその人のものなり。4 幸福なるかな、悲しむ者。その人は慰められん。5 幸福なるかな、柔和なる者。その人は地を嗣がん。6 幸福なるかな、義に飢ゑ渇く者。その人は飽くことを得ん。7 幸福なるかな、憐憫ある者。その人は憐憫を得ん。8 幸福なるかな、心の清き者。その人は神を見ん。9 幸福なるかな、平和ならしむる者。その人は神の子と稱へられん。10 幸福なるかな、義のために責められたる者。天國はその人のものなり。11 我がために、人なんぢらを罵り、また責め、詐りて各樣の惡しきことを言ふときは、汝ら幸福なり。12 喜びよろこべ、天にて汝らの報は大なり。汝等より前にありし預言者たちをも、斯く責めたりき。13 汝らは地の鹽なり、鹽もし效力を失はば、何をもてか之に鹽すべき。後は用なし、外にすてられて人に蹈まるるのみ。14 汝らは世の光なり。山の上にある町は隱るることなし。15 また人は燈火をともして升の下におかず、燈臺の上におく。かくて燈火は家にある凡ての物を照すなり。16 かくのごとく汝らの光を人の前にかがやかせ。これ人の汝らが善き行爲を見て、天にいます汝らの父を崇めん爲なり。17 われ律法また預言者を毀つために來れりと思ふな。毀たんとて來らず、反つて成就せん爲なり。18 誠に汝らに告ぐ、天地の過ぎ往かぬうちに、律法の一點、一畫も廢ることなく、ことごとく全うせらるべし。19 この故にもし此等のいと小き誡命の一つをやぶり、且その如く人に教ふる者は、天國にて最小き者と稱へられ、之を行ひ、かつ人に教ふる者は、天國にて大なる者と稱へられん。20 我なんぢらに告ぐ、汝らの義、學者・パリサイ人に勝らずば、天國に入ること能はず。21 古への人に「殺すなかれ、殺す者は審判にあふべし」と云へることあるを汝等きけり。22 されど我は汝らに告ぐ、すべて兄弟を怒る者は、審判にあふべし。また兄弟に對ひて、愚者よといふ者は、衆議にあふべし。また痴者よといふ者は、ゲヘナの火にあふべし。23 この故に汝もし供物を祭壇にささぐる時、そこにて兄弟に怨まるる事あるを思ひ出さば、24 供物を祭壇のまへに遺しおき、先づ往きて、その兄弟と和睦し、然るのち來りて、供物をささげよ。25 なんぢを訴ふる者とともに途に在るうちに、早く和解せよ。恐らくは、訴ふる者なんぢを審判人にわたし、審判人は下役にわたし、遂になんぢは獄に入れられん。26 まことに汝に告ぐ、一厘ものこりなく償はずば、其處をいづること能はじ。27 「姦淫するなかれ」と云へることあるを汝等きけり。28 されど我は汝らに告ぐ、すべて色情を懷きて女を見るものは、既に心のうち姦淫したるなり。29 もし右の目なんぢを躓かせば、抉り出して棄てよ、五體の一つ亡びて、全身ゲヘナに投げ入れられぬは益なり。30 もし右の手なんぢを躓かせば、切りて棄てよ、五體の一つ亡びて、全身ゲヘナに往かぬは益なり。31 また「妻をいだす者は離縁状を與ふべし」と云へることあり。32 されど我は汝らに告ぐ、淫行の故ならで其の妻をいだす者は、これに姦淫を行はしむるなり。また出されたる女を娶るものは、姦淫を行ふなり。33 また古への人に「いつはり誓ふなかれ、なんぢの誓は主に果すべし」と云へる事あるを汝ら聞けり。34 されど我は汝らに告ぐ、一切ちかふな、天を指して誓ふな、神の御座なればなり。35 地を指して誓ふな、神の足臺なればなり。エルサレムを指して誓ふな、大君の都なればなり。36 己が頭を指して誓ふな、なんぢ頭髮一筋だに白くし、また黒くし能はねばなり。37 ただ然り然り、否否といへ、之に過ぐるは惡より出づるなり。38 「目には目を、齒には齒を」と云へることあるを汝ら聞けり。39 されど我は汝らに告ぐ、惡しき者に抵抗ふな。人もし汝の右の頬をうたば、左をも向けよ。40 なんぢを訟へて下衣を取らんとする者には、上衣をも取らせよ。41 人もし汝に一里ゆくことを強ひなば、共に二里ゆけ。42 なんぢに請ふ者にあたへ、借らんとする者を拒むな。43 「なんぢの隣を愛し、なんぢの仇を憎むべし」と云へることあるを汝等きけり。44 されど我は汝らに告ぐ、汝らの仇を愛し、汝らを責むる者のために祈れ。45 これ天にいます汝らの父の子とならん爲なり。天の父は、その日を惡しき者のうへにも善き者のうへにも昇らせ、雨を正しき者にも正しからぬ者にも降らせ給ふなり。46 なんぢら己を愛する者を愛すとも何の報をか得べき、取税人も然するにあらずや。47 兄弟にのみ挨拶すとも何の勝ることかある、異邦人も然するにあらずや。48 さらば汝らの天の父の全きが如く、汝らも全かれ。

Matthew 4:1-25

1 ここにイエス御靈によりて荒野に導かれ給ふ、惡魔に試みられんとするなり。2 四十日四十夜斷食して、後に飢ゑたまふ。3 試むる者きたりて言ふ『汝もし神の子ならば、命じて此等の石をパンと爲らしめよ』4 答へて言ひ給ふ『「人の生くるはパンのみに由るにあらず、神の口より出づる凡ての言に由る」と録されたり』5 ここに惡魔イエスを聖なる都につれゆき、宮の頂上に立たせて言ふ、6 『汝もし神の子ならば己が身を下に投げよ。それは「なんぢの爲に御使たちに命じ給はん。彼ら手にて汝を支へ、その足を石にうち當つること無からしめん」と録されたるなり』7 イエス言ひたまふ『「主なる汝の神を試むべからず」と、また録されたり』8 惡魔またイエスを最高き山につれゆき、世のもろもろの國と、その榮華とを示して言ふ、9 『汝もし平伏して我を拜せば、此等を皆なんぢに與へん』10 ここにイエス言ひ給ふ『サタンよ、退け「主なる汝の神を拜し、ただ之にのみ事へ奉るべし」と録されたるなり』11 ここに惡魔は離れ去り、視よ、御使たち來り事へぬ。12 イエス、ヨハネの囚はれし事をききて、ガリラヤに退き、13 後ナザレを去りて、ゼブルンとナフタリとの境なる、海邊のカペナウムに到りて住み給ふ。14 これは預言者イザヤによりて云はれたる言の成就せん爲なり。曰く15 『ゼブルンの地、ナフタリの地、海の邊、ヨルダンの彼方、異邦人のガリラヤ、16 暗きに坐する民は、大なる光を見、死の地と死の蔭とに坐する者に、光のぼれり』17 この時よりイエス教を宣べはじめて言ひ給ふ『なんぢら悔改めよ、天國は近づきたり』18 かくて、ガリラヤの海邊をあゆみて、二人の兄弟ペテロといふシモンとその兄弟アンデレとが、海に網うちをるを見給ふ、かれらは漁人なり。19 これに言ひたまふ『我に從ひきたれ、さらば汝らを人を漁る者となさん』20 かれら直ちに網をすてて從ふ。21 更に進みゆきて、また二人の兄弟、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネとが、父ゼベダイとともに舟にありて網を繕ひをるを見て呼び給へば、22 直ちに舟と父とを置きて從ふ。23 イエスあまねくガリラヤを巡り、會堂にて教をなし、御國の福音を宣べつたへ、民の中のもろもろの病、もろもろの疾患をいやし給ふ。24 その噂あまねくシリヤに弘り、人々すべての惱めるもの、即ちさまざまの病と苦痛とに罹れるもの、惡鬼に憑かれたるもの、癲癇および中風の者などを連れ來りたれば、イエス之を醫したまふ。25 ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤ及びヨルダンの彼方より、大なる群衆きたり從へり。

Matthew 5:38-39

38 「目には目を、齒には齒を」と云へることあるを汝ら聞けり。39 されど我は汝らに告ぐ、惡しき者に抵抗ふな。人もし汝の右の頬をうたば、左をも向けよ。

John 18:1-40

1 此等のことを言ひ終へて、イエス弟子たちと偕にケデロンの小川の彼方に出でたまふ。彼処に園あり、イエス弟子たちとともども入り給ふ。2 ここは弟子たちと屡々あつまり給ふ處なれば、イエスを賣るユダもこの處を知れり。3 かくてユダは一組の兵隊と祭司長・パリサイ人等よりの下役どもとを受けて、炬火・燈火・武器を携へて此處にきたる。4 イエス己に臨まんとする事をことごとく知り、進みいでて彼らに言ひたまふ『誰を尋ぬるか』5 答ふ『ナザレのイエスを』イエス言ひたまふ『我はそれなり』イエスを賣るユダも彼らと共に立てり。6 『我はそれなり』と言ひ給ひし時、かれら後退して地に倒れたり。7 ここに再び『たれを尋ぬるか』と問ひ給へば『ナザレのイエスを』と言ふ。8 イエス答へ給ふ『われは夫なりと既に告げたり、我を尋ぬるならば此の人々の去るを容せ』9 これさきに『なんぢの我に賜ひし者の中より、われ一人をも失はず』と言ひ給ひし言の成就せん爲なり。10 シモン・ペテロ劍をもちたるが、之を拔き大祭司の僕を撃ちて、その右の耳を斬り落す、僕の名はマルコスと云ふ。11 イエス、ペテロに言ひたまふ『劍を鞘に收めよ、父の我に賜ひたる酒杯は、われ飮まざらんや』12 ここにかの兵隊・千卒長・ユダヤ人の下役ども、イエスを捕へて縛り、13 先づアンナスの許に曳き往く、アンナスはその年の大祭司なるカヤパの舅なり。14 カヤパはさきにユダヤ人に、一人、民のために死ぬるは益なる事を勸めし者なり。15 シモン・ペテロ及び他の一人の弟子、イエスに從ふ。この弟子は大祭司に知られたる者なれば、イエスと共に大祭司の庭に入りしが、16 ペテロは門の外に立てり。ここに大祭司に知られたる彼の弟子いでて、門を守る女に物言ひてペテロを連れ入れしに、17 門を守る婢女、ペテロに言ふ『なんぢも彼の人の弟子の一人なるか』かれ言ふ『然らず』18 時寒くして僕・下役ども炭火を熾し、その傍らに立ちて煖まり居りしに、ペテロも共に立ちて煖まりゐたり。19 ここに大祭司、イエスにその弟子とその教とにつきて問ひたれば、20 イエス答へ給ふ『われ公然に世に語れり、凡てのユダヤ人の相集ふ會堂と宮とにて常に教へ、密には何をも語りし事なし。21 何ゆゑ我に問ふか、我が語れることは聽きたる人々に問へ。視よ、彼らは我が言ひしことを知るなり』22 かく言ひ給ふとき、傍らに立つ下役の一人、手掌にてイエスを打ちて言ふ『かくも大祭司に答ふるか』23 イエス答へ給ふ『わが語りし言もし惡しくば、その惡しき故を證せよ。善くば何とて打つぞ』24 ここにアンナス、イエスを縛りたるままにて、大祭司カヤパの許に送れり。25 シモン・ペテロ立ちて煖まり居たるに、人々いふ『なんぢも彼が弟子の一人なるか』否みて言ふ『然らず』26 大祭司の僕の一人にて、ペテロに耳を斬り落されし者の親族なるが言ふ『われ汝が園にて彼と偕なるを見しならずや』27 ペテロまた否む折しも鷄鳴きぬ。28 かくて人々イエスをカヤパの許より官邸にひきゆく、時は夜明なり。彼ら過越の食をなさんために、汚穢を受けじとて己らは官邸に入らず。29 ここにピラト彼らの前に出でゆきて言う『この人に對して如何なる訴訟をなすか』30 答へて言ふ『もし惡をなしたる者ならずば汝に付さじ』31 ピラト言ふ『なんぢら彼を引取り、おのが律法に循ひて審け』ユダヤ人いふ『我らに人を殺す權威なし』32 これイエス、己が如何なる死にて死ぬるかを示して、言ひ給ひし御言の成就せん爲なり。33 ここにピラトまた官邸に入り、イエスを呼び出して言ふ『なんぢはユダヤ人の王なるか』34 イエス答へ給ふ『これは汝おのれより言ふか、將わが事を人の汝に告げたるか』35 ピラト答ふ『我はユダヤ人ならんや、汝の國人・祭司長ら汝を我に付したり、汝なにを爲ししぞ』36 イエス答へ給ふ『わが國はこの世のものならず、若し我が國この世のものならば、我が僕ら我をユダヤ人に付さじと戰ひしならん。然れど我が國は此の世よりのものならず』37 ここにピラト言ふ『されば汝は王なるか』イエス答へ給ふ『われの王たることは汝の言へるごとし。我は之がために生れ、之がために世に來れり、即ち眞理につきて證せん爲なり。凡て眞理に屬する者は我が聲をきく』38 ピラト言ふ『眞理とは何ぞ』かく言ひて再びユダヤ人の前に出でて言ふ『我この人に何の罪あるをも見ず。39 過越のとき我なんぢらに一人の囚人を赦す例あり、されば汝らユダヤ人の王をわが赦さんことを望むか』40 彼らまた叫びて『この人ならず、バラバを』と言ふ、バラバは強盜なり。

2 Timothy 3:16-17

16 聖書はみな神の感動によるものにして、教誨と譴責と矯正と義を薫陶するとに益あり。17 これ神の人の全くなりて諸般の善き業に備を全うせん爲なり。

John 14:15

15 汝等もし我を愛せば、我が誡命を守らん。

Luke 9:23

23 また一同の者に言ひたまふ『人もし我に從ひ來らんと思はば、己をすて、日々おのが十字架を負ひて我に從へ。

Luke 10:27

27 答へて言ふ『なんぢ心を盡し精神を盡し、力を盡し、思を盡して、主たる汝の神を愛すべし。また己のごとく汝の隣を愛すべし』

John 14:26

26 助主すなはちわが名によりて父の遣したまふ聖靈は、汝らに萬の事ををしへ、又すべて我が汝らに言ひしことを思ひ出さしむべし。

Romans 13:4

4 かれは汝を益せんための神の役者なり。然れど惡をなさば懼れよ、彼は徒らに劍をおびず、神の役者にして、惡をなす者に怒をもて報ゆるなり。

1 Timothy 5:8

8 人もし其の親族、殊に己が家族を顧みずば、信仰を棄てたる者にて、不信者よりも更に惡しきなり。

Topical data is from OpenBible.info, retrieved November 11, 2013, and licensed under a Creative Commons Attribution License.