Luke 20

Japanese(i) 1 或日イエス宮にて民を教へ、福音を宣べゐ給ふとき、祭司長・學者らは、長老どもと共に近づき來り、 2 イエスに語りて言ふ『なにの權威をもて此等の事をなすか、此の權威を授けし者は誰か、我らに告げよ』 3 答へて言ひ給ふ『われも一言なんぢらに問はん、答へよ。 4 ヨハネのバプテスマは天よりか、人よりか』 5 彼ら互に論じて言ふ『もし「天より」と言はば「なに故かれを信ぜざりし」と言はん。 6 もし「人より」と言はんか、民みなヨハネを預言者と信ずるによりて、我らを石にて撃たん』 7 遂に何處よりか知らぬ由を答ふ。 8 イエス言ひたまふ『われも何の權威をもて此等の事をなすか、汝らに告げじ』 9 かくて次の譬を民に語りいで給ふ『ある人、葡萄園を造りて農夫どもに貸し、遠く旅立して久しくなりぬ。 10 時至りて、葡萄園の所得を納めしめんとて、一人の僕を農夫の許に遣ししに、農夫ども之を打ちたたき、空手にて歸らしめたり。 11 又ほかの僕を遣ししに、之をも打ちたたき、辱しめ、空手にて歸らしめたり。 12 なほ三度めの者を遣ししに、之をも傷つけて逐ひ出したり。 13 葡萄園の主いふ「われ何を爲さんか。我が愛しむ子を遣さん、或は之を敬ふなるべし」 14 農夫ども之を見て互に論じて言ふ「これは世嗣なり。いざ殺して其の嗣業を我らの物とせん」 15 かくてこれを葡萄園の外に逐ひ出して殺せり。さらば葡萄園の主かれらに何を爲さんか、 16 來りてかの農夫どもを亡し、葡萄園を他の者どもに與ふべし』人々これを聽きて言ふ『然はあらざれ』 17 イエス彼らに目を注めて言ひ給ふ『されば「造家者らの棄てる石は、これぞ隅の首石となれる」と録されたるは何ぞや。 18 凡そその石の上に倒るる者は碎け、又その石、人の上に倒るれば、その人を微塵にせん』 19 此のとき學者・祭司長ら、イエスに手をかけんと思ひたれど、民を恐れたり。この譬の己どもを指して言ひ給へるを悟りしに因る。 20 かくて彼ら機を窺ひ、イエスを司の支配と權威との下に付さんとて、その言を捉ふるために、義人の樣したる間諜どもを遣したれば、 21 其の者どもイエスに問ひて言ふ『師よ、我らは汝の正しく語り、かつ教へ、外貌を取らず、眞をもて神の道を教へ給ふを知る。 22 われら貢をカイザルに納むるは、善きか、惡しきか』 23 イエスその惡巧を知りて言ひ給ふ、 24 『デナリを我に見せよ。これは誰の像、たれの號なるか』『カイザルのなり』と答ふ。 25 イエス言ひ給ふ『さらばカイザルの物はカイザルに、神の物は神に納めよ』 26 かれら民の前にて其の言をとらへ得ず、且その答を怪しみて默したり。 27 また復活なしと言張るサドカイ人の或者ども、イエスに來り問ひて言ふ、 28 『師よ、モーセは、人の兄弟もし妻あり子なくして死なば、其の兄弟かれの妻を娶りて、兄弟のために嗣子を擧ぐべしと、我らに書き遣したり。 29 さて茲に七人の兄弟ありて、兄、妻を娶り、子なくして死に、 30 第二、第三の者も之を娶り、 31 七人みな同じく子を殘さずして死に、 32 後には其の女も死にたり。 33 されば復活の時、この女は誰の妻たるべきか、七人これを妻としたればなり』 34 イエス言ひ給ふ『この世の子らは娶り嫁ぎすれど、 35 かの世に入るに、死人の中より甦へるに相應しとせらるる者は、娶り嫁ぎすることなし。 36 彼等ははや死ぬること能はざればなり。御使たちに等しく、また復活の子どもにして、神の子供たるなり。 37 死にたる者の甦へる事は、モーセも柴の條に、主を「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」と呼びて之を示せり。 38 神は死にたる者の神にあらず、生ける者の神なり。それ神の前には皆生けるなり』 39 學者のうちの或者ども答へて『師よ、善く言ひ給へり』と言ふ。 40 彼等ははや何事をも問ひ得ざりし故なり。 41 イエス彼らに言ひたまふ『如何なれば人々、キリストをダビデの子と言ふか。 42 ダビデ自ら詩篇に言ふ「主わが主に言ひたもふ、 43 われ汝の敵を汝の足臺となすまでは、わが右に坐せよ」 44 ダビデ斯く彼を主と稱ふれば、爭でその子ならんや』 45 民の皆ききをる中にて、イエス弟子たちに言ひ給ふ、 46 『學者らに心せよ。彼らは長き衣を著て歩むことを好み、市場にての敬禮、會堂の上座、饗宴の上席を喜び、 47 また寡婦らの家を呑み、外見をつくりて長き祈をなす。其の受くる審判は更に嚴しからん』